スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSD導入時に行う容量節約重視の設定 for Windows7

 SSDと言えば、高速、物理的な破損によるデータ損失の危険性が少ないですが、書き込み制限による寿命という欠点があります。それを気にして、2年前にcrucial RealSSD C300を導入した当時は、ユーザーフォルダを移動させたりしていましたが、考えてみると、今時のSSDは3年保証などといった、長期間的な保証付きで売られていることがほとんどです。何らかの設定をしないと3年以内に故障してしまうとは考えにくいです。
 それに、スマートフォンだけでなくノートPCなどにもSSDのみが搭載される時代。もはや寿命を気にする必要はなくなったのだと確信しました。
 そして、あまりHDDに移動させすぎると、せっかくSSDを導入したのにその効果が薄くなるということも。
 どうしてもデータがいきなり消えるのが怖いなら、定期的にHDDにバックアップしておけば良いかと思います。

 というわけで今回、Intel 330シリーズの120GBモデルを購入したのですが、寿命は気にしないことに。
といっても、120GBという制限があるので、なるべく無駄な領域は減らしたいと思います。
そこで、今回の導入にあたって行った設定をメモ。

・仮想メモリをHDDへ移動(推薦)
・システムの復元を無効化
・休止状態の無効化
・iTunesのiOSデバイスバックアップ移動(推薦)


今回行ったのは以上ですが、状況に応じて行なってもいいと思う設定としては、
・Userフォルダーの移動
・ブラウザキャッシュの移動

です。他にもありますが、あまり効果が大きくないので今回は割愛します。

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。