スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone5

パワーサポートのケース、パワーサポート エアージャケットセット for iPhone5を購入しました。
IMG_0116.jpg

今回購入したのは、ラバーブラック。
 iPhone4用のケースも数多く購入しましたが、一番気に入ってたのはこのラバーコーティングが施されたケースでした。何よりさわり心地が大変いいです。それでいて傷がつきにくく目立ちにくく、汚れも目立ちません。
当初はクリアブラックを小乳しようと考えていたのですが、傷がつきやすいというコメントを多く見かけるのと、やはりこのさわり心地にひかれて、ラバーブラックを購入しました。
 iPhone4を使用している際にも、パワーサポートのケースの購入を考えたことがありましたが、ケースの縁がiPhone4本体の前面ガラスより低いということがあり、万が一iPhoneを落としてしまい、前面側が下向きになった場合、画面を保護できないと考えていました。しかし、iPhone5用では、縁が本体前面より高い印象を受け、本体が裏向きになった場合でも画面を保護できると考え購入に至りました。

IMG_0118.jpg
まずはケースの印象から。
 本体と接する内側は普通のプラスチックのような印象です。しかし、若干柔らかく、本体に傷を付けてしまうということは無さそうです。
 そして、やはり日本製ということもあり、パリどころか、繋ぎ目さえ分からない程度です。素材もそうですが、ケース全体が非常にさわり心地が良いです。

IMG_0170.jpg
実際に装着したのがこちら。
 プラスチックケースと思ってしまうほどのぴったりさと薄さ、そしてTPUケースと思ってしまうほどの露出の少なさです。
 今までのケースは、「ケースの薄さ」か「露出の少なさ」のどちらか一方のみのものがほとんどでした。
プラスチックケースは薄いものの、保護できるのは本体裏面及び周囲の一部で、コネクタ部やボタン周りなどは露出が多いのが欠点です。対しTPUケースは保護できる部分は多いものの、ケースそのものが厚みを増し、見た目の印象もあまり良くないように思います。
 しかし、このケースはそれらの良さを両立していると思います。

IMG_0175.jpg
 その秘密は、このヘッドホンジャックの微妙な切れ目。写真で見る限りでは謎の切れ目ですが、実際に装着してみると、この切れ目の役割の大きさを感じます。この切れ目が、硬いケースでありながらも、本体の露出を抑えることを可能にしています。そして、装着してみると、それほど気になりません。

IMG_0172.jpg
側面のサイレントスイッチとボリュームボタンの切り抜きもピッタリです。

IMG_0177.jpg
 スリープボタンとカメラ付近。カメラはフラッシュガードを取り付けてあります。ブラックなら取り付けても特に違和感を感じません。スリープボタンはケースに埋まってしまう感じにはなりますが、仕様上の問題はありません。むしろ誤動作が起こりにくくなると思います。

 全体の印象として、やはり聞いていたとおり、非常に完成度の高いケースだな。という印象を受けました。
モックを参考に本体の発売前から入手可能なケースもありますが、パワーサポートは実機を参考にかなり拘って製品化しているのだな、と感じられます。
 デザインこそシンプルですが、iPhoneそのものがシンプルなデザインであるので、でそのデザインを失うことなく、別の意味で本体と一体化しているかのように思えるこのケースが非常に気に入りました。

IMG_0117.jpg
 参考までに付属フィルムは、光沢フィルムとアンチグレアフィルムの両方が一枚ずつ入っています。
一般的なケースに付属するフィルムは、安価なものが多いですが、これらは、フィルムとして製品化されているそのものです。現在はOverLay Magicを貼っているのでこれらは保管しておくことにしますが、また機会があれば使用したいと思います。

 この商品を手にとって初めて思ったのが、贅沢すぎるパッケージ。そして付属品の豪華さ。
これらをなくしてケースだけにすればもっと価格を抑えられるのでは?とも思いましたが、そもそも、この製品は「エアージャケット」です。
 つまり、単なるケースではなく、本体全体を保護することを前提とされています。
iPhone5を初めて購入しても、このエアージャケットを購入するだけで、他に何も購入せずとも本体の保護はできます。それがそもそもの狙いなのかな?と思いました。
 しかし、私のように、ケースだけが目的であったとしてもケースのクオリティーが非常に高いので、コストパフォーマンスは十分ではないかと思います。

 iPhone本来のシンプルなデザインを保ちつつ、本体を極限まで保護したい。という方には非常におすすめです。



スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。