スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONYヘッドセット、DR-XB31IPレビュー

SONYイヤホンMDR-EX310とBluetoothヘッドセットのMW600を使用し、iPhoneで音楽を聞いていたのですが、先日両方を同時に紛失してしまい、次はどうしようかと考えていました。

まず、引き続きBluetoothを検討したのですが、イマイチしっくりくるヘッドセットがない。そしてどうもiOS6になってからのBluetoothの調子が悪い。そこでBluetoothは今回はパス。
次に考えたのはイヤホン直刺し。でもやはり手元で音量や曲送り、そしてマイクが欲しい。
ということで、iOSデバイス用のリモコンがあるイヤホンを探しました。

そして最終的に購入に至ったのは、SONY DR-XB31IP

s-IMG_0244.jpg

 この製品は、ソニーEXTRA BASSのMDR-XB30EXにiOSデバイス用のリモコンを取り付けたものになります。よって、MDR-XB30EXのレビューとしても参考にもなるかと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

Windows 7でスリープから勝手に復帰する

 Windows7でスリープ状態にしても、3秒ほどすると勝手に復帰してしまう事象が発生。
基本的にデバイスからの信号がないと復帰しないと思われるので、マウス、キーボードの誤入力もしくは、ハードウェア的な故障で常に信号が送信されている状態になっているのでは?と考えたのですが、どうやらそうでもない模様。

 そこで調べてみると、どうやらネットワークインターフェースカード(NIC)が影響しているようでした。
NICがPCの電源をON、もしくはスリープから復帰する場合は複数あり、私が調べたものだと、
・PCの電源をONにする信号を受信した場合
・送信側が意図しない特定のパターンの信号を受信した場合
があるようです。

今回、勝手に復帰してしまうのは、後者の設定が有効になってるからであることがわかりました。

私の場合、マザーボードはASUS P8Z77-V Proで、オンボードのネットワークインターフェースを使っているので、
デバイスは、Intel(R) 82579V Gigabit Network Connectionという事になります。

 解決方法は続きから。

続きを読む

SSD導入時に行う容量節約重視の設定 for Windows7

 SSDと言えば、高速、物理的な破損によるデータ損失の危険性が少ないですが、書き込み制限による寿命という欠点があります。それを気にして、2年前にcrucial RealSSD C300を導入した当時は、ユーザーフォルダを移動させたりしていましたが、考えてみると、今時のSSDは3年保証などといった、長期間的な保証付きで売られていることがほとんどです。何らかの設定をしないと3年以内に故障してしまうとは考えにくいです。
 それに、スマートフォンだけでなくノートPCなどにもSSDのみが搭載される時代。もはや寿命を気にする必要はなくなったのだと確信しました。
 そして、あまりHDDに移動させすぎると、せっかくSSDを導入したのにその効果が薄くなるということも。
 どうしてもデータがいきなり消えるのが怖いなら、定期的にHDDにバックアップしておけば良いかと思います。

 というわけで今回、Intel 330シリーズの120GBモデルを購入したのですが、寿命は気にしないことに。
といっても、120GBという制限があるので、なるべく無駄な領域は減らしたいと思います。
そこで、今回の導入にあたって行った設定をメモ。

・仮想メモリをHDDへ移動(推薦)
・システムの復元を無効化
・休止状態の無効化
・iTunesのiOSデバイスバックアップ移動(推薦)


今回行ったのは以上ですが、状況に応じて行なってもいいと思う設定としては、
・Userフォルダーの移動
・ブラウザキャッシュの移動

です。他にもありますが、あまり効果が大きくないので今回は割愛します。

続きを読む

BELKIN iPhone 5スタンド


oscIMG_0168.jpg
Belkin Desktop Dock iPhone 5を購入したので、後日レビューしたいと思います。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。