スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーブの内側

 線路を引いたり、スクリプトを組んだりするのは想像力がそのまま反映されるのですが、ストラクチャーを配置して、レイアウトの風景を構築するのはどうも苦手です。
 風景にマッチした建物を選ぶのが苦手かつ、限られた部品の中から規則性が目立たない自然な風景を作ることが重要です。
 特に難しいのがカーブの内側。VRMのストラクチャーのほとんどは四角形なので、カーブ部分に部品を配置した際の隙間を埋める必要があります。

 そこで今回は、とりあえず線路周辺に精密樹木を埋めて、隙間を埋めることに。

VRMviewerV5 2012-09-18 20-36-22-074

VRMviewerV5 2012-09-18 20-33-48-142

回らない木、精密樹木の良い所は、地形テクスチャーの境目を隠せること。
個人的には、そのままの樹木として使うより、幹を地面に埋めて、生い茂った草のような使い方の方が重宝します。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。