スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り換え案内アプリは「乗換NAVITIME」で決まり・・・?

 iPhone5がiPhone4Sのところによると10倍くらいのペースで売れてるんだとか。
その割には、アプリのiPhone5の4インチディスプレイへの対応がまだまだな気がします。
申請済みで許諾待ちなのか、どの段階なのかは分かりませんが。
AppStoreに行けば、iPhone5に最適化されたアプリ
iconというカテゴリが用意されていますが、ここに載っていないアプリの他にも最適化済みのアプリは多くあります。各アプリの条件項目のところに「iPhone5用に最適化済み」と書かれてはいますが、絞り込んで検索したいな、、とも思います。

 iPhone5の購入を機会に、あまり使わないアプリなどを整理すると共に、常用アプリの乗り換えなども行いました。
iPhone4購入当初から使っているものだと1年半ほど使っている事になるので、かなり馴染んではいますが、使い慣れたアプリが最も自分に適しているとも限らないので。

 その中で、今回乗り換えたのは乗換案内アプリ。(なんかややこしい)
今まで利用していたのがこちら。
乗換案内 - Jorudan Co.,Ltd.乗換案内 - Jorudan Co.,Ltd.
IMG_0049.jpg
まぁ、言うまでもない、条件を指定するだけで列車の乗り換えを案内してくれるアプリです。慣れていない区間とは言わず、普段から利用している路線でも、時間が変わるとよく利用します。
検索結果の上下に広告がつきますが、気になったことはないですね。ただ、スクリーンショットからも分かるように、iPhone5に最適化されていません。

ということで類似のアプリを探してみて、落ち着いたのがこちら。
乗換NAVITIME - NAVITIME JAPAN CO.,LTD.乗換NAVITIME - NAVITIME JAPAN CO.,LTD.
IMG_0050.jpg
条件を指定するところまでは同じなのですが、いきなり検索結果を表示するのではなく、候補を表示してくれます。WEBで乗り換え検索をすると、このパターンが多いですね。

IMG_0051.jpg
そして、その中から詳細なルートを案内してくれます。
情報量そのものに大きな違いはありませんが、NAVITIMEの方は、「車両後方」といった、適切な乗車位置の案内があるのがいいですね。
そして、個人的に一番重宝しそうなのが、「一本前」機能。
この例だと、「高槻→大阪」の列車の一本前を検索できます。大阪駅での乗り換えに余裕を持ちたい場合など、大変便利です。
そして、検索条件だけでなく、検索結果そのものを保存することができます。
毎日でなくても、定期的に使う乗り換えルートを保存したり、前日に予定を立てておいて、出発時に再検索し直さなくてもサッと見れるわけです。
そして、何よりiPhone5に最適化済みです!

共に、有料、無料の機能はありますが、差はあまりないものの、NAVITIMEの方が情報量が多く、扱いやすいので、今後はNAVITIMEの方を常用したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。