スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに出た!OverLay Brilliant for iPhone 5 裏面用

 先日、iPhone5向けのオススメ液晶保護フィルムとして、OverLay Magicをご紹介しましたが、今回は裏面用。

IMG_0065.jpg

 iPhone4/4S用のフィルムには表裏両方のフィルムがセットになっている製品がほとんどでしたが、iPhone5向けに関しては案外少ない印象を受けます。そもそも、iPhone4/4Sが表裏ガラスであったため、表だけでなく裏面も、という流れになったのだと思いますが、iPhone5の裏面はフィルムを貼るか、貼らないかをすこし迷います。裏面上下端のみガラスという仕様で、裏面のほとんどはアルミで酸化皮膜処理を行なっているためか傷がつきにくいのだとか。

 さて、こちらの製品は、光沢タイプのOverLay Brilliantを裏面用にカットしたもの。
裏面のみというセット内容がなかなか斬新ですが、iPhone4時代に表裏セットを買っても、裏面用はたまにしか貼り替えないので、余りまくっていた、という状況があったので、個人的には別々の方が嬉しいですね。
 ちなみに、裏面用はBrilliantのみで、Magicはありません。表裏セットのパッケージも同様みたいです。
他社製品では表面のみのものもあるので、裏面のみのパッケージの需要は多いのではないかと。

IMG_0061.jpg
フィルムそのものは、上下のガラス部分、背面アルミ部分の3つに分割されていますので、別々に貼り付ける必要があります。ただし、パッケージ裏面にもあるように、ブラックモデルは本体の仕様上、ロゴ付近が若干浮いてしまいます。(後述)

IMG_0165.jpg

 まず、上ガラス部分のフィルムを貼り付けたところ。モノが小さいので非常に貼り付け辛く、とくにカメラ付近はカメラ下部は繋がっていないので、フィルムが曲がって貼り付いてしまいがちになりますが、貼り直しは何度でもOKなので、少々手こずっても問題ありません。
 そしてやはり、切り抜きの正確さは流石です。

 そして当初は、アルミ部分は貼らないつもりだったのですが、とりあえず貼ってみることに。

IMG_0167.jpg
 やはり林檎のロゴとiPhoneのロゴ付近が若干浮きますね。
そして、貼っているときに気づいたのですが、ガラスではなくアルミという性質からなのか、ロゴ以外の部分にも波のような模様が多数できました。なお、これらは指で内側から外側にこすることで消えました。

 デザイン的にも貼るか、貼らないかは迷うところですが、やはりガラス部分のフィルムはあったほうが安心しますね。アルミ部分については、鍵でこすっても傷が自己修復するとかいう話もありますので、ロゴ付近の浮きがきになるようであればなしでもいいかな、と思います。

 ケースに入れてしまえば、裏面が傷付くことは少なくなると思いますが、ケースから出して本体を拭いたりするときに、裏面も貼っておくとやはり安心できますね。




コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。