スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OverLay Magicのその後(自己修復の性能は?)

 以前に、液晶保護保護シートとして全員にお薦めしたいとして紹介した、OverLay Magicですが、iPhone5用の保護シートが3ヶ月経過、iPad用が7ヶ月経過しました。

全員に薦めたいiPhone5保護フィルム、OverLay Magic : Obvious Arch




 OverLay Magicの特徴は、他のミヤビックス製保護シート同様、高精度な切り抜きはもちろん、自己修復機能があります。他にも自己修復機能を謳う製品はありますが、自己修復の性能はさておき問題は透過率が微妙に悪くなるという点が目立ちます。そんな中、OverLay Magicはシリーズのグレア保護シートであるOverLay Brilliantと区別がつかないほどの透過率です。

 さて、まず使用開始から3ヶ月以上が経過したiPhone5の保護シートですが、使用に支障をきたすような傷はまったくありません。スリープモードにして、傷を探すように光を当てながら探すと、小さな傷は見られる程度です。 
 普段はポケットに入れて持ち歩いており、画面を下にして机に置いたりすることもあるのですが、この程度の傷しか見られないのは非常に驚きです。
 それまで様々な保護シートを使用してきましたが、貼替えから1ヶ月ほど経つと、普段の使用でも傷が見え始め、3ヶ月も経つと貼替えていましたが、OverLay Magicではその必要性を全く感じません。

 保護シート1枚の価格は他の保護シートより高めですが、長期間使用することを考えると、保護シート自体の傷による貼替えの頻度が格段に減る分、結果的に安く抑えられるのではないかと思います。

 次に、使用開始から7ヶ月が経過したiPadの保護シートですが、こちらも、iPhone同様の結果となりました。
iPadは、持ち運びの際は画面も保護できるケースを使用してるので、画面を触る事以外で傷がつくことは少ないですが、7ヶ月という期間を考えると、自己修復はしっかり機能していると思います。
 特にiPadのような画面が大きいデバイスだと、保護シートそのものが高価ということだけでなく保護シートを貼り替える事自体も結構大変です。自己修復機能により貼替えの頻度が減り、安く抑えられるだけでなく、貼替えの手間も省けます。

 現在、パワーサポートのグレアフィルムを1枚予備として置いていますが、まだまだ出番は来そうにありません。

  

iPhone5、iPad以外のデバイスのOverLay Magicはこちら

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。