スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂のヘッドホン、SONY MDR-1Rを購入

s-IMG_0259.jpg

何かと話題のヘッドホン、MDR-1Rを購入しました。
私自身、音質をどうのこうの言えるほどの耳は決してないのですが。。。

参考までに、今まで使用していたヘッドホンは、VictorのHP-RX700です。
価格は3,000円台ですが、コスパがかなり良く、エージング次第では10,000円クラスの音が出るとも言われていたヘッドホンです。確かに、他の同価格帯のヘッドホンの音とは明らかに違うのは私でも認識できました。どうせ高価なヘッドホンを購入しても、違いなんか分かるわけがない、と思っていたので買い換えるつもりはなかったのですが、約3年も使用するとイヤーパッドがかなり劣化してきました。

MDR-1Rの定価は約30,000円と言ったところ。ただ、価格.comによると、半値に近い16,000円ほどまで下がっていますね。
と言っても、私自身1万超えするヘッドホンは購入した事がないので、今回はかなり慎重でした。

というのも、幾ら高価で良い物を買っても、私自身がそれを認識できなければ意味が無いということが一番の心配でした。「いい音」というものを体感したことがないので、それを認識できないだけかもしれませんが。

まず、MDR-1Rを知ったのは11月末。iPhone用のイヤホンをなくしてしまって、イヤホンを探していた時のこと。
ネットをさまよっているとMDR-1Rの名前を発見しました。しかし、価格とあふれる高級感から見て、私向きの製品ではないと思い、スルーしていましたが、イヤホンを試聴しにヨドバシへ行った時に実物を装着してみると、、
今まで体験したことのない快適な装着感
それ以降、MDR-1Rはずっと片隅にありました。
そして、その後何度かヨドバシに行く機会があり、そのたびに試聴していたのですが、視聴するたびにHP-RX700の装着感に不満を覚えるようになりました。
そして、迷いに迷った結果。購入に至りました。

購入後2日が経ちましたが、只今絶賛エージング中なので、今回は軽くだけ。


s-IMG_0260.jpg
まず、パッケージを開けると、布に埋まるように収納されていました。
本製品は、イヤホンケーブルを自由に交換できる(付属ケーブルは試供品扱い)という特徴があるので、この布に包まれてる絵はより綺麗に見えます。

s-IMG_0262.jpg
製品内容ですが、
・ヘッドホン本体
・オーディオケーブル1.2m(試供品)
・オーディオケーブル1.2m(iPhone/iPad/iPod用リモコンつき)
・イヤホンでお馴染みの袋
です。

 ヘッドホン本体のサイズそのものは大きくありませんが、見た目からは価格以上の高級感が溢れます。
そしてやはり装着感が抜群です。メガネを掛けて使用していますが、長時間の装着にも全く問題ないでしょう。
締め付けも強くないですが、ずれることもありません。

 屋外でイヤホンのように常に持ち歩くかどうかは別として、旅行などへの持ち運びは気軽にできると思います。

s-IMG_0266_20130109213257.jpg
 オーディオケーブルは、ともに1.2mです。そして片側(デバイス側)はL字です。
MDR-1R自体、持ち運びすることが考慮されている印象を受けましたが、このケーブルからもそれが伺えます。
ポータブル仕様が気に入らなければケーブルを交換すれば済む話ですが、私はさほど気になりませんでした。
試供品扱いですが、ヘッドホン本体に差し込む側のデザインがヘッドホンに合わせられているので十分に使えます。

s-IMG_0265_20130109213256.jpg
 リモコン付きケーブルのリモコンはApple純正のものと操作方法は同じです。そしてマイクもついています。このヘッドホンを通話用にするかというのは微妙ですが、リモコンがついているという特徴上、iPhoneで音楽を聴くときは、こちらのケーブルを使用したいと思うので、電話がかかってきた際にそのまま通話に移れるという面では嬉しい機能でしょう。

音質についてですが、私自信、そんなに語れる自信がありません。
と言いつつも、一応数日後、改めて書いてみるつもりではあるので、エージングがある程度終われば、、にしたいと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。