スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Belkin Charge + Sync Dock for iPhone 5

Charge + Sync Dock for iPhone 5をAppleStoreにて購入しました。
従来製品の、Desktop Dock iPhone 5とも比較し、後日レビューしたいと思います。

s-IMG_0346.jpg

Belkin Charge + Sync iPhone 5 Dock with Lightning Connector - Apple Store (Japan)

免許証とICカードの干渉を防止

最近の運転免許証には、ICチップが埋め込まれています。
私は普段財布に入れて持ち歩いていますが、この財布にはEdyやICOCAなどの電子マネーのカードも入っています。

しかし、例えばICOCAと免許証を重ねるようにして財布に入れておくと、二つのカードが干渉して改札で頻繁にエラーを起こします。

これは、改札機にタッチした際、読み取り機がICOCAと免許証の両方に通信を試みます。
この時、免許証に埋め込まれているチップが、ICOCAおよび読み取り機で採用されている規格のものではないため、読み取りエラーが発生します。

そこで、このエラーを起こさないようにするのがこちら。
 

本来はスマートフォンから発せられる電波とICカードと読み取り機との通信の際の電波の干渉を防ぐためのものですが、これをICOCAと免許証の間に挟む事で(読み取り機に近い方にICOCA)、免許証に対しては通信の電波が届かないため、ICOCAとのみ通信が確立し、エラーは発生しません。

噂のヘッドホン、SONY MDR-1Rを購入

s-IMG_0259.jpg

何かと話題のヘッドホン、MDR-1Rを購入しました。
私自身、音質をどうのこうの言えるほどの耳は決してないのですが。。。

参考までに、今まで使用していたヘッドホンは、VictorのHP-RX700です。
価格は3,000円台ですが、コスパがかなり良く、エージング次第では10,000円クラスの音が出るとも言われていたヘッドホンです。確かに、他の同価格帯のヘッドホンの音とは明らかに違うのは私でも認識できました。どうせ高価なヘッドホンを購入しても、違いなんか分かるわけがない、と思っていたので買い換えるつもりはなかったのですが、約3年も使用するとイヤーパッドがかなり劣化してきました。

MDR-1Rの定価は約30,000円と言ったところ。ただ、価格.comによると、半値に近い16,000円ほどまで下がっていますね。
と言っても、私自身1万超えするヘッドホンは購入した事がないので、今回はかなり慎重でした。

というのも、幾ら高価で良い物を買っても、私自身がそれを認識できなければ意味が無いということが一番の心配でした。「いい音」というものを体感したことがないので、それを認識できないだけかもしれませんが。

まず、MDR-1Rを知ったのは11月末。iPhone用のイヤホンをなくしてしまって、イヤホンを探していた時のこと。
ネットをさまよっているとMDR-1Rの名前を発見しました。しかし、価格とあふれる高級感から見て、私向きの製品ではないと思い、スルーしていましたが、イヤホンを試聴しにヨドバシへ行った時に実物を装着してみると、、
今まで体験したことのない快適な装着感
それ以降、MDR-1Rはずっと片隅にありました。
そして、その後何度かヨドバシに行く機会があり、そのたびに試聴していたのですが、視聴するたびにHP-RX700の装着感に不満を覚えるようになりました。
そして、迷いに迷った結果。購入に至りました。

購入後2日が経ちましたが、只今絶賛エージング中なので、今回は軽くだけ。

続きを読む

OverLay Magicのその後(自己修復の性能は?)

 以前に、液晶保護保護シートとして全員にお薦めしたいとして紹介した、OverLay Magicですが、iPhone5用の保護シートが3ヶ月経過、iPad用が7ヶ月経過しました。

全員に薦めたいiPhone5保護フィルム、OverLay Magic : Obvious Arch




 OverLay Magicの特徴は、他のミヤビックス製保護シート同様、高精度な切り抜きはもちろん、自己修復機能があります。他にも自己修復機能を謳う製品はありますが、自己修復の性能はさておき問題は透過率が微妙に悪くなるという点が目立ちます。そんな中、OverLay Magicはシリーズのグレア保護シートであるOverLay Brilliantと区別がつかないほどの透過率です。

 さて、まず使用開始から3ヶ月以上が経過したiPhone5の保護シートですが、使用に支障をきたすような傷はまったくありません。スリープモードにして、傷を探すように光を当てながら探すと、小さな傷は見られる程度です。 
 普段はポケットに入れて持ち歩いており、画面を下にして机に置いたりすることもあるのですが、この程度の傷しか見られないのは非常に驚きです。
 それまで様々な保護シートを使用してきましたが、貼替えから1ヶ月ほど経つと、普段の使用でも傷が見え始め、3ヶ月も経つと貼替えていましたが、OverLay Magicではその必要性を全く感じません。

 保護シート1枚の価格は他の保護シートより高めですが、長期間使用することを考えると、保護シート自体の傷による貼替えの頻度が格段に減る分、結果的に安く抑えられるのではないかと思います。

 次に、使用開始から7ヶ月が経過したiPadの保護シートですが、こちらも、iPhone同様の結果となりました。
iPadは、持ち運びの際は画面も保護できるケースを使用してるので、画面を触る事以外で傷がつくことは少ないですが、7ヶ月という期間を考えると、自己修復はしっかり機能していると思います。
 特にiPadのような画面が大きいデバイスだと、保護シートそのものが高価ということだけでなく保護シートを貼り替える事自体も結構大変です。自己修復機能により貼替えの頻度が減り、安く抑えられるだけでなく、貼替えの手間も省けます。

 現在、パワーサポートのグレアフィルムを1枚予備として置いていますが、まだまだ出番は来そうにありません。

  

iPhone5、iPad以外のデバイスのOverLay Magicはこちら

SONYヘッドセット、DR-XB31IPレビュー

SONYイヤホンMDR-EX310とBluetoothヘッドセットのMW600を使用し、iPhoneで音楽を聞いていたのですが、先日両方を同時に紛失してしまい、次はどうしようかと考えていました。

まず、引き続きBluetoothを検討したのですが、イマイチしっくりくるヘッドセットがない。そしてどうもiOS6になってからのBluetoothの調子が悪い。そこでBluetoothは今回はパス。
次に考えたのはイヤホン直刺し。でもやはり手元で音量や曲送り、そしてマイクが欲しい。
ということで、iOSデバイス用のリモコンがあるイヤホンを探しました。

そして最終的に購入に至ったのは、SONY DR-XB31IP

s-IMG_0244.jpg

 この製品は、ソニーEXTRA BASSのMDR-XB30EXにiOSデバイス用のリモコンを取り付けたものになります。よって、MDR-XB30EXのレビューとしても参考にもなるかと思います。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
プロフィール

KSMaster

Author:KSMaster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。